2007年04月13日

うた時計

      

 うた時計

 作   新美南吉
 朗読  利子

 ある男が、一人の少年に出会いました。
 その少年との出会いが自分を見つめなおしていくきっかけとな っていく、やさしさを感じるお話です。
posted by CIF第二放送局の1 at 07:20| 声の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。