2007年05月18日

よぶこどり

 
 「よぶこどり」
 
 作   浜田廣介
 朗読  わ子

 1匹のリスがやぶの畑で一つの卵を拾い毎日卵を温めました。
 何日かすると一羽のひながかえりました。リスはひなにえさをあげたり子守唄を聞かせたりして育てました。ひなもリスをお母さんだと思って甘えておりましたが、ある日空を飛んでいる鳥を見て自分の姿と似ているのにきずき、羽を羽ばたいて見ました
 家に帰ったリスはひながいないのです。ひながそらを飛んで行ったと聞かされ、ひなに会いたいと毎日帰りを待ち続け、自分も羽がはえたらと望みました。すると足がほそくなり羽が生え、鳥の姿になったのです。鳥の姿になったリスは毎日ひなを呼びました、その声が子を呼ぶ声に聞こえるので、何時しかその鳥をよぶこどりと言うようになったというお話です。

 
posted by CIF第二放送局の1 at 17:30| 声の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。